So-net無料ブログ作成

岡城(再訪) [城]

 

2010年3月14日(日)

 

大分県竹田市。

豊後の国、岡藩7万石。

岡城。

標高325mの台地に築かれた。

まさに天険要害の地に建つ堅城。

 

1594年入封した中川氏が、

中世の志賀氏の居城を大改修。

総石垣と織豊系縄張技術を導入。 

 

 

とにかく石垣がスゴイっス。 

山の上に石垣、石垣の向こうにまた石垣。

 

 

さてと、大手口から登る。

手すりみたいなカマボコ石。

その曲線美がなんともいえない優雅な感じ。

オカジョウ イザトジョウ.jpg カマボコイシ.jpg

 

大手門跡。

完全な形で残っている石。

門を滑らす石まで。

すごいなぁ。

オカジョウオオテモン1.jpg

 

西の丸方面から見る大手門跡。

こう見るとデカイ。

オカジョウオオテモン2.jpg

 

 

 

どんどん歩く。

細長ーい台地なので、結構遠い。

やっと見えてきた。

コレを見にきたんだ。

ミエテキマシタ.jpg

 

やっぱ葉っぱがないと、しっかり見える。

この間来た時は夏だったから。

ココまでクッキリはっきりとは見えなかったなぁ。

三の丸高石垣。

サンノマルタカイシガキ1.jpg

 

 

断崖絶壁の上によく造ったな、こんなの。

石垣の上をお散歩。

ココからダイブしたら、だいぶ楽になるかな・・・

サンノマルタカイシガキ2.jpg

 

 

 

キリシタンの洗礼を受けた志賀氏に

追放された仏教徒が、薩摩の島津氏を頼る。

島津氏は3万5,000人の兵で岡城を包囲。

対する岡城に立てこもった兵力はわずかに1,000人。

屈強な島津の兵を、わずか1,000人で撃退したことで、

難攻不落の堅城として岡城の名を知らしめた。

その後の中川氏が、総石垣にしたのですが。

かつての堅城ぶりが偲ばれる断崖絶壁デス。

 

 

 

しかし、石垣だらけ。

他には何もない。

立ちはだかる石垣。

西中仕切。                         太鼓櫓跡。

イシガキダラケ.jpg タチハダカルシキガキ.jpg

 

本丸を横目に見ながら、

まだまだずーっと奥まで歩く。

そう、さらにずーっと。

前回は途中で引き返してしまったので。

台地なので、平坦な道。

でも、けっこう遠いっス。

 

 

最後まで行ったところに下原門跡。

やっと着いた。

かつては、ココが大手門だったらしい。

今は裏口かな。

それがしの持ってる本に載ってたので、

どんなものか見に来たかったんですよね。

シモバラモン.jpg

 

 

 

ここからもと来た道を引き返す。

とにかく石垣。

御廟前を通り過ぎると。

やっと本丸の石垣が見えてきた。                  

モドル ゴビョウアトマエ.jpg モドル ホンマルイシガキ.jpg

 

 

あれっ。

本丸の石垣って面白い。

熊本城の二様の石垣じゃないけど。

2回積み直された跡がある。

オモシロイナコノイシガキ.jpg

 

その本丸横を戻る。

こちら側も断崖絶壁。

ホンマルイシガキヨコ.jpg

 

 

本丸へ登り景色を堪能。

降りてくる途中に春を発見。

1本だけサクラが咲いていた。

一足早い春。                       でも石垣はまだ続く。

ソロソロハルカナ.jpg マダアルヨイシガキ.jpg

 

 

この石垣の曲線もいいなぁ。              こっちは家老屋敷跡。

コレデモカイシガキ.jpg カロウヤシキアト.jpg

 

家老屋敷はそれだけで一つのお城みたい。

床だけ復元してある。

ユカダケフクゲン.jpg

 

 

家老屋敷から、谷をへだてた本丸方向を見る。

やっぱり、石垣だらけ。

カロウヤシキカラ2.jpg カロウヤシキカラ1.jpg

 

 

石垣にも少々食傷気味。

城を降りるとするか。

最後に振り返ってみる。

ココもすごい石垣だなぁ。

近戸門。

サヨナラオカジョウマタクルヨ.jpg

 

 

 

切り立つ台地に、さらに積み上げられた高石垣。

高石垣の上からは、四方に九州連山を望む。

滝廉太郎の『荒城の月』のモチーフとなった岡城跡。

 

 

とにかくコレでもか、の石垣。

断崖絶壁の上の石垣。

石垣の向こうにまた石垣。

気がつけば石垣に取り囲まれていた。

黒い武骨な石垣に圧倒された次第デス。

 

とっても素晴らしいお城跡でした。

また行きたいデス。

 

 

 

 

 


nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 20

コメント 14

fuzzy

石垣の凄さは写真でも十分に分かりますね、城自体の歴史も古く、謂れも鎌倉時代からあり、九州の堅牢な名城だったようですね。薩摩を退けたのはさすがと感じます。
by fuzzy (2010-03-16 14:59) 

takechan

山の上に、こんな急な石垣をよく築いたもんですね。
驚きです。お見事です。
by takechan (2010-03-16 21:06) 

うつマモル

今晩は。素敵なブログですね。見ごたえがあります。またお邪魔させて頂きます。
by うつマモル (2010-03-16 21:58) 

ねじまき鳥

素晴らしい石垣ですね。切石できれいに積んであるのにも驚きです。是非一度行ってみたいけど、なかなか交通の便が悪く、以前に大分に行った時にも行けませんでした。
by ねじまき鳥 (2010-03-16 23:54) 

kohtyan

すごい石垣ですね。島津氏も、攻めきれなかったでしょう。
石の積み方にも、工夫がありますね。
by kohtyan (2010-03-17 08:45) 

ノリパ

> fuzzyさん
 
 すごい石垣でした。それがし興奮してハァハァいってました。
 歩き疲れてもというのもありますけど。。。
 薩摩島津氏を撃退した由緒正しきお城のようです。
by ノリパ (2010-03-18 23:57) 

ノリパ

> takechanさん

 すごいですよね、昔の人は。それがしも興奮したので、写真を
 撮りまくりました。ということで、それがしのお城の記事としては、
 いつもよりも多い写真ばかりになってしましました。
by ノリパ (2010-03-18 23:59) 

ノリパ

> うつマモルさん

 ありがとうございます。内容はないよう。。。ですが、よろしくお願いします。
by ノリパ (2010-03-18 23:59) 

ノリパ

> ねじまき鳥さん

 おっしゃるとおりで、石垣は素晴らしかったです。たしかに不便なところに
 ありますよね。大分経由よりも、熊本から阿蘇経由の方が行きやすいですし、
いろんな交通手段があるように思います。
by ノリパ (2010-03-19 00:02) 

ノリパ

> kohtyanさn

 島津氏もこんな山の中は攻めるのもイヤだったのかもしれない、というくらい
 山の上にありました。でも、そんな山の上に石垣だらけでした。
by ノリパ (2010-03-19 00:04) 

たかぼん

立派な石垣ですね。
いつか行きたいです。
冬の方が石垣がきちんと見れていいんですね。

by たかぼん (2010-03-19 11:35) 

ノリパ

> たかぼんさん

 かなりビックリするくらいの石垣です。夏も冬も行きましたけど、
 冬の方が良かったデス。でも、桜も季節や、紅葉の季節はもっと
 良いらしいです。
by ノリパ (2010-03-20 22:12) 

keroro

ただただ、石垣を歩くーーっていうのも好きだ。
人がわんさかいないのもいいですね。
お城ってどの季節に行っても楽しい。
もう春ですねーーー。
今年はどこのお城の桜が見れるかなー。
by keroro (2010-03-20 23:54) 

ノリパ

> keroroさん

 ココの石垣は、踏み外すとアチラの世界に逝けますから、ドキドキですよ。
 観光客の方もいらっしゃいましたけど。石垣だけだと知って、
 さっさと帰っていってました。
 お城で花見、今年はドコかな。やっぱりそれがしは福岡城っスかね。
by ノリパ (2010-03-21 18:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。