So-net無料ブログ作成

高須城 [城]






2017年5月27日(土)




伊吹山に登った帰り道。




いつか行こう、と。


思っていたんスよね、ココには。


それがし美濃出身で。


今は尾張に住んでる身ですし。






歴史小説で。


よーく登場する。


尾張支藩 高須藩。


尾張本藩へ幾度も血を帰し、


藩主を何度か輩出した。


そう。 チョー名門。




特に幕末では。


尾張藩主、一橋家当主、桑名藩主、会津藩主など。


高須藩出身の兄弟達が大活躍。


あの会津藩主で有名な松平容保さんも。


ココの出なんですよね、実わ。








そんな名門。


今は。


なーんもなーい。


お城跡だった案内版を。


2つ見つけたくらいス。


ココカ.jpg






風化する郷土の歴史。


そんなもんなんですけれど。




それがしが読む範囲ですが。


歴史小説の中では、


スゴイ存在感なのにな。


うーん、残念。


高須城.jpg







かつての古地図と見比べると。


お堀だったらしい所。


うん。


なんとなくいいな。


雰囲気あるなぁ。


高須城2.jpg





水郷の中のお城跡。


名門の尾張支藩。




雰囲気はある。


ても、何もない。


もつたいないかもな、とおもつた次第。














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三原城 [城]

 

 

 

2017年4月1日(土)

 

おおっと。

もう4月。

早いなぁ。

あっという間に刻は過ぎる。

イロイロあったけど。。。

春がやって来たからな。

 

まっ、いっか。

 

 

お城巡りに淫してた時に。

いつでも行けるから、と。

後回しにしていた場所。

 

しかーし。

いつ行くんや。

心の声にあらがえず。

やっと来られたぜいっ。

 

ココは。

 

なんとっ!  

駅直結っ。

新幹線ホームからの石垣。

三原城。

ミハラエキシンカンセンホーム.jpg

 

一旦改札出なきゃダメだがね。。。

 

でも、すぐ分かる。

駅コンコースに、バッチリと案内が。

すっげーな。

ミハラジョウハアチラ.jpg

 

 

駅前、駅近、数あれど。

何処もココには敵わない。

だって。

駅ナカ物件っスからね。

なんともエキゾチック。

エキチョッケツ.jpg

 

 

駅直結階段から、天守台。

とってーも広ーい。

振り返ると、、、

新幹線によって。

思いっきり分断破壊。

ココまでとはな。

想いがおよばなかったス。。。

ミハラジョウテンシュダイ.jpg

 

 

外へ出て、グルリと散策。

おおっと。

すんごい立派な石垣。

かつては。

海の上に浮かぶ壮大なお城だったらしいス。

ミハラジョウオオキイネ.jpg

 

 

三原の街をブラブラ散策。

ああ。

ここはいい街だな。

観光協会でもらつた

マップ片手に遺構を確認。 

ミハラジョウ1.jpg

 

コレはっ!

なんとも凄いっ。

御船櫓。

石垣の土台が。

岩礁だっ!

こんなの初めて見たよ。

フナイリヤグラ.jpg

 

うん。

来て見て良かった。

三原城を堪能。

長年の懸念が解消した次第。

 

 

 

 

 

お城の後は。

広島へ。

久闊を叙し、お好み焼き。

ホントに美味かった。

 

朋友に案内頂き社会見学。

オトナノシャカイケンガク1.jpg

 

オトナノシャカイケンガク.jpg

 

こちらも。

ニッポンジンとして。

来て見て良かった。

また、来ようっと。

 

 

 

 

 

 

 


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりの岡城 [城]

 

 

 

2016年3月24日(木)

 

お休みをもらったので、嫁さんとお城見学。

大分県竹田市にある岡城。

 

久しぶり、数えたら6年ぶり。

カマボコのような手すりの石も健在。

優美な曲線美、ヨカですね。

沖縄のグスクのよう。

との感想に、それがしも同感。

グスクノヨウ.JPG

 

 

三の丸高石垣。

崩れているのかな、進入禁止。

うーん。

ブルーシートが物悲しいっス。

ブルーナキブン.JPG

 

 

桜にはちくと早かった。

チラホラ程度。

サクラパラパラ.JPG

 

 

 

あとは、ゆっくりと。

石造りの素晴らしさ。

造形美を堪能。

 

埋門のような入口やら。

ヨメサントオナジタカサ.JPG

門扉を滑らす石造りやら。

スゴイヨ.JPG

整然とした雁木やら。

ガンギモイイ.JPG

門の礎石やら。

スゴイネ.JPG

 

 

足元にも見逃せない遺構がゴロゴロ。

ホントにいい処だな。 

また来よっ、と思った次第。

 

 

 

 

 

 


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2周目 広島城 [城]

 

 

 

2015年12月12日(土)

 

広ーいお堀に天守が映り込む。

うーん。

天気がイマイチで残念。

風で水面が揺れているし。

ヒロシマジョウテンシュ.jpg

 

 

なぜだかな。

止められないもんだな。

お城巡り。

 

 

先週の高知城にて、

100名城は完結したはずなのに。

今日は広島城。

ニノマル.jpg

 

ヒロシマジョウテンシュダイ.jpg

 

 

天守内部に突入。

ウロウロ見学。

スタンプはもう押しませんが。 

テンシュカラ.jpg

 

それにしても。

観光客層が福岡とは全く違ってた。

欧米の方々がえらい多かったス。

 

 

 

 

お城の後には、広島名物 お好み焼き。 

朋友に連れられてお好み村へ。

コレは、旨いっ!

お酒にとっても合いマス。

オコノミムラ.jpg

 

アフター.jpg

 

色々と語らい酒を酌み交わす。

亦楽しからずや。 

 

 

ということで。

2周目始まっちゃいましタ、の巻。

ゆっくり周ろっと。

 

 

 

 

 

 


nice!(33)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

高知城(日本100名城) [城]

 

 

 

2015年12月5日(土)

 

現存天守に現存本丸御殿。

日の本ココだけ 現存セット。

古のサムライ建築を今に伝えてくれる。

 

心の底から、キャッ!とスル。

お城のワンダーランド、高知城。

さすがっ!  南海の名城。

 

 

 

 

震える気持ちをおさえつつ 城内へ。

 

おっと。

コレはっ!

 

追手門と天守閣が一緒に望めるなんてっ。

このセットも日本でココだけ。

すっげース。

なんとも稀少なスポットだらけだ。 

コウツジョウ1.jpg

 

 

 

 

やっと来られた、、、

なんとも長かったなぁ。

最後がココで良かった。

ホントに素晴らしかった。

 

100名城スタンプラリー7年半の旅。

無事高知城にてコンプリート。

まっこと良かったぜよ。 

 

 

 

 

 

今日は。

嫁さんとの夫婦道中なんで。 

ゆっくりとあっちこうち。

お散歩 in 高知城。

それがし一人だと。

あちこうち走っちゃうんですよね。

 

 

いろんなお城見てきたけれど。

こんな飛込み台の石樋は初めて。

うん。

見て得した気分。

イシトイ.jpg

 

 

 

すぐには本丸へ向かわず。

ぐるりと。

三の丸から紅葉並木、御台所屋敷跡。

元に戻って詰門へ。

それがしにとっては至福の散策。

コウチジョウ2.jpg

 

コケムシテイル.jpg

 

コウチジョウ3.jpg

 

 

 

 

 

おっと。

この詰門。

本丸と二の丸を分断する空堀に架けられ、

二階は廊下、一階は貯蔵庫。

しかーも。

今も現役!

後で二階を渡って本丸に行ったもん。

 

こんなん、残ってるなんて。

まさに奇跡。

ホントにありがとう。

コウチジョウ4.jpg

 

 

 

 

三の丸から望む天守。

うーん。

イマイチだなこのアングルは。 

テンシュ.jpg

 

 

ゆーっくりと見てまわる。

ラストキャッスルだからな。

余韻を味合わないと。

 

 

二の丸から本丸へ。

詰門二階の廊下を渡る。

さっきの二階部分はこうなるのか。

すんごいや。

サアイクゾ.jpg

 

 

 

 

 

くぐり抜け、渡った先は本丸ゾーン。

現存天守に現存御殿。

そう。

日本で唯一、本丸建物群がすべて現存。

ココは江戸時代から変わらない。

なんとも堪らない至福の空間。

コウチジョウテンシュ.jpg

 

 

 

受付にて100名城スタンプを押印。

イロイロ思い出したけど。

とりあえずホッとした次第。

 

 

本丸御殿に突入。

何故だかフルオープンで開放的。

ただ、、、寒かったス。

質実剛健という趣き。

これまた感じのいい空間でしタ。

ホンマルゴテン1.jpg

 

ホンマルゴテン2.jpg

 

ホンマルゴテン3.jpg

 

なんと。

御殿が天守に連結してたぞっ。

スゴイな。

眼福な物件の数々。

今まで残ってくれていてありがとうございました。

 

 

 

 

 

天守の高欄から眺める本丸建物群。

うっとりと鑑賞。

ため息の出るような美しさ。 

日本人に生まれて良かったス。

コウチテンシュカラ.jpg

 

100メイジョウコンプリート!.jpg

 

 

 

最後も。

日本で唯一の現存物件。

忍び返し。 

シノビガエシ.jpg

 

 

とてもとても言い尽くせない。

その素晴らしさ。

日本で唯一の現存物件の数々。

今まで残っていてくれて、本当にありがとう。

 

 

残ったものは残したもので

偶然なんかじゃないよ

宇宙の意思があるとしたなら

確かに働いたんだろう、、、

なんていう、あゆの詩を思い出した次第。

 

 

 

以上、日本100名城スタンプラリーは無事終了。

次から何をしようかなっと。

 

 

 

 

 

 

 


nice!(18)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

根室半島チャシ跡群(日本100名城) [城]

 

 

 

2015年9月5日(土)

 

『チャシ』はアイヌ語で『柵囲い』。

どうやら、砦、祭祀の場、見張り場など

多目的な用途で使われていたらしい。

 

北海道内には500以上のチャシ跡が確認される。

特に道東地方は分布密度が高く、

根室市内には32ケ所が現存している。

ほとんどがオホーツク海を臨む海岸段丘に作られている。

 

なーんてことを。

観光協会でもらったパンフレットで確認。

見学が出来る2つのチャシを教えていただく。

 

 

 

ノツカマフ1・2号チャシ跡。

日露外交交渉発祥の地らしい。

うーん。

荒涼とした最果て感。

ノツカマフ.jpg

 

ノツカマフ コレ?.jpg

 

 

 

 

 

 

ヲンネモトチャシ跡。

温根元湾の西岸に突出した岬の上に盛土を行い、

壕で区画し盛土頂上に平坦面を2ケ所作り出している。

どこかどれか、よう分からん。

ヲンネモトッテ.jpg

 

ヲンネモト コレ?.jpg

 

 

 

湾から見たらよう分かる、

と言われたけれど。

お供え餅のように見える、って。

ヲンネモト.jpg

 

 

 

黒い雨雲が恨めしいけど。

再訪することはないだろうからな。

荒涼とした景色を心に刻んでおこう。

 

 

 

ファーイースト最果ての日本100名城。

根室半島チャシ跡群、アイヌの砦。

 

ココのスタンプは難易度高いから。

押せてホッとシチャったシ。 

こんな所まで来チャったシ、見チャったシ。

いい経験しチャったシ、の巻でしタ。。。

 

 

 

 

 

 


nice!(25)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

高祖山城 [城]

 

 

2015年6月13日(土)

 

今日は山登りというかハイキング。

高祖山城(たかすやまじょう)

福岡市西区の西端、周船寺の南。

標高416m 高祖山の頂上。

タカスジョウトハ.jpg

 

古代朝鮮式山城の怡土城(いとじょう)の跡に築かれ、

ほとんどがその遺跡。

怡土城が、朝廷によって築かれた大陸からの防衛線、

我が国有数の古城、とは知っていたのですが、

興味湧かない時代背景に、今までスルーしてました。

 

トレーニングになるからな、と登って見てきた。   

何度か登っているコースから足を伸ばすと高祖山。

 

頂上の上城あたり。 

曇っていて眺望が悪かったのが残念。

タカスジョウ1.jpg

 

タカスヤマチョウジョウ.jpg

 

1586年 豊臣秀吉公が九州平定の軍を起こした時は、

徹底抗戦の構えで2000人が籠っていたというけれど。

うーん。

こんな山の中で、大変だっただろうな。

 

最後は、秀吉公の大軍を見て驚愕。

戦わずして無血開城され、廃城となる。

糸島戦国史の拠点、楽しく登ってきました。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ココから備忘録。

思うことあり、今年はバイクにも乗らず山登りばかり。

ランニングアプリなのでイマイチ見にくいなコレ。

ヤマノボリ.PNG

 

今日は一番下のチビと2人で山登り。

もとい、ハイキングなので。

張りっきんぐで、スピードと距離に挑戦。。。

 

叶嶽神社駐車場 13:15

→ 叶岳 341m → 高地山 419m 

→ 飯盛山・高地山分岐 → 飯盛山 382m 

→ 飯盛山・高地山分岐 → 高祖山 416m 

→ 野外活動センター → 叶嶽神社駐車場 17:15

 

途中休憩は最低限に、11.7キロ 4時間(正味3時間半) 

分岐からの飯盛山往復3キロ 1時間、コレは効いた。

この周回コースは、しんどさも距離もイイ感じ。

また来ようっと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 


nice!(26)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

秋田城 [城]

 

 

2015年5月10日(日)

 

古代大和朝廷が、蝦夷に備える城柵を造る。

その城柵が北進しココまで来たのが始まり。

あー北まできた、だから秋田なんだ。。。 

北方経営の拠点が、ココ秋田城だったらしい。

 

資料館みたいなところでそんなこんなをお勉強。

渤海国からの使節を歓待した迎賓館の役割とか。

水洗トイレがあったとか。 

ふーん、なるほど。

福岡の鴻臚館と同じような処だったんだな。

 

 

そのあとはお散歩。

曇っててとっても寒い気温10度。

門や塀やらが復元。

アキタジョウ1.jpg

 

 

こう見ていると多賀城やら大宰府みたいな感じがする。

アキタジョウ.jpg

 

 

アキタジョウトハ.jpg

 

 

 

おっと。 

あそこが復元された古代の水洗トイレ。

気になるね。

どうなってるんだろ?

当然和式だよな。

わし気になってしゃあない。。。

コダイノトイレ.jpg

 

中に入って和式であることを確認した次第。

 

古代に想いを馳せる。

不思議なところだったな。

 

 

 

 

 


nice!(24)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

久保田城(日本100名城) [城]

 

 

2015年5月10日(日)

 

秋田県秋田市の久保田城。

ふーん。

久保田なんだ。

秋田じゃないんだ。 

 

えっ。

秋田城は別なんだっ。

知らないことばっかりだな。

 

 

常陸の国から1602年転封された名門佐竹氏。 

関ヶ原の戦いで西軍寄りだったから、左遷かな。  

減封されての来たので、あえて大規模な城は築かず、

簡単な土塁を低い丘の上に築いただけ、と本で読んできたけど。

いやいやどうして。

素晴らしい土造りの巨城だったス。

 

 

 

いざっ、本丸へと登ろうとすると。

おっと。

手すりがあるぞ。

なんて登城者フレンドリーなんだ。 

今は千秋公園として市民に愛されている。

クボタジョウ.jpg

 

 

えっちらおっちら登ると。

囲まれたっ、スゴイ土塁。 

土造りながらも防御力レベルの高いクランク。

土塁の下は土留めの石垣が効いている。

クボタジョウ2.jpg

 

上からみるカクカク。

いいね!

臨時的に木戸を設ければ、防御力がさらにアップ。

と、本に書いてあったけど、納得っス。 

クボタジョウ1.jpg

 

こちらは現存建物、御物頭御番所。

番所の現存は、全国でもレア。

登城者の査察が役割なだけに武骨な雰囲気。

ゴバンショ.jpg

 

 

 

本丸を散策。

とっても広く気持ちがいい。

天守代用の2階造りの御書院があったらしい。

土造りの台座。 

ゴショインアト.jpg

 

 

御隅櫓。

コンクリ造りの模擬建築。

思わず造っちゃいました感満載だけど。 

しっかりお金を払い見学しました。

ここで100名城スタンプを押す。

よし、あと2つ。 

スミヤグラ.jpg

 

 

 

目的を果たしたので、あとはまったり。 

本丸を取り囲む土塁上をテクテク。 

土木工事技術の高さが感じられる。

うーん、なんとも素晴らしいなあ。 

リッタイカン.jpg

 

そうか、石垣じゃないからか。

斜面にツツジを植えられるんだ。

お城だけど。

庭園の要素も加味されて、雰囲気最高。

老若男女が散策されている理由がよくわかる。

とっても気持ちがいいスポット。 

イイカンジノテイエン.jpg

 

 

こっちのクランクも立派。

ゆるやかな坂道に手すりの用意。

ほんとにフレンドリーだな。

クボタジョウクランク.jpg

 

 

土造りの巨城、久保田城。

高いながらも緩い斜面の土塁。 

 

立派なお城なんですが。

何とも登城者に優しい。

城下の人達と一体になってたんだろうな。

とっても感じのいいお城でした。

 

 

 

 

 

 


nice!(21)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

盛岡城(日本100名城) [城]

 

 

2015年5月9日(土) 

 

岩手県盛岡市。

南部氏20万石の居城 盛岡城。

 

良質な石材がない東北のお城は、

土塁で築くことが多いけれども。

その中にあって、花崗岩が豊富に取れたココは。

なんと、総石垣造り。

東北地方では異色の存在、最北の総石垣城郭。

 

 

名古屋から秋田空港経由。

やっと着いた。

遠かったス。

それがしの100名城めぐりもカウントダウン。

歴史文化館でスタンプを押したら、残すは3つ。

 

 

 

さあっ、石垣をじっくり見ちゃるけん。

と、三の丸から反時計周りで歩き始める。

おおっ、すごい。 

エッジが効き上へと立ち上がる姿。

迫力あるなぁ。

モリオカイシガキ.jpg

 

各種お城の本で予習してきたけど。

どこを歩いているかなんてどうでもいいや。 

荒々しいながらも素晴らしい完成度に魅入ってしまふ。

 

うーん。

なんか切れそうやな。

モリオカジョウイシガキ.jpg

 

 

ノリオカジョウイシガキ1.jpg

 

 

モリオカジョウイシガキ2.jpg

 

 

 

それにしても、ココの石垣は荒々しい。

矢穴の跡だらけ。

というか、わざと残しているのかな。

いろんな石垣見てきたけど。

ココまで痕跡あるのは他にはない。

恐竜の歯型のようやな。

ギザギザ.jpg  ギザギザコレモ.jpg

 

 

上見ても、下見ても。

矢穴だらけ。

石を切り出した時そのままの姿。 

もういいわって、言いたくなる in 岩手。。。

ウエノギザギザ.jpg  シタノギザギザ.jpg

 

威嚇のためか誇示のためか、

それともただ単にメンドくさかったのか。

とにかく矢穴の数にはビックリ。

ちくとアナには食傷気味かな。

 

 

 

石垣の他には何も残っていないけど。

今日は広場で何かの行事をやってるみたいで人が沢山。

岩手公園として市民の憩いの場になっている。 

本丸の方まで行く人は少数だったな。 

モリオカジョウイシガキ1.jpg

 

モリオカジョウイシガキヤ.jpg

 

 

 

最北の総石垣のお城。

矢穴だらけの荒々しい石垣。

あそこにも矢穴、ここにも矢穴。

 

まさにアナだらけ。

ありの-ままの-姿 見せてもらいました。。。

素晴らしいお城、また行きたいな。

 

 

 

 

 


nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。