So-net無料ブログ作成

トレッキングこのごろ [山]

 

 

2016年9月 晴れた日

 

家族3人で近場トレッキング。

一番上のチビ娘と嫁さんそれがし。

家から車で40分くらい。

井原山、標高983m也。

 

瑞梅寺登山口に車を停めて。

さあ登ろうぜ。

ワンゲル部のチビ娘が先導してくれる。

トレーニングで登った事あるらしい。

 

沢沿いの道をゆき、渡渉するコト何度か。

水量多すぎやん。

カワヲワタル.jpg

 

カワヲマタワタル.jpg

 

途中かなーりの急斜度を登ること約2時間強。

山頂は人が多かった、人気の山だな。

イハラヤマチョウジョウ.jpg

 

せっかく登ってきたのに。

ガスってきて眺望がない。

うーん、残念。

 

でも、近場でほど良い高さ。

練習にはイイかもな。

また、登ろっと。

連れてきてくれて、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月 晴れた日 

 

一番下のチビ息子と2人で近場へ。

家から車ですぐ、30分かからない。

叶嶽神社駐車場に停めトレッキング開始。

 

叶岳から高地山経由飯盛山まで。

いつもの往復コースで、約10キロ弱。

 

高地山から飯盛山への縦走、眺望開けたところ。

スゴイいい天気。

だけれども、風が強い、寒っ。

イイモリヤマトチュウ.jpg

 

飯盛山山頂でお昼御飯。

周りを見渡していると、なんか違和感。

あれっ。

なんか見やすいぞ。

7月に登った時とチガうね。

 

木が切ってあり、眺望向上。

ウチの家まで見えるけん。

キガキラレテルゾ.jpg

 

400mくらいの低山だけど。

登り下りの繰り返しは、かなーりキツイ。

山体力を鍛えるために、

また登りに来よう、と思った次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年11月 晴れた日

 

トレッキングって、どこ行く? 

と、名古屋の人に聞くと。

御在所岳! って 、みんな答える。

 

そうか。

最初に行く山なんや。

Go!最初だけ。。。

御在所岳、、、標高1212m也。

次からは、チガう山。

 

 

単身赴任の先輩達と3人で登った寒い日。

紅葉がキレイだった。

いい山、ヨカった、楽しかった。

 

なんだ、アレはっ、、、

登っていると、突然現れた。

ナイスっ! 

バランスっ!

あの石、ストーンっと。。。

落ちそで、落ちない。

スゴイバランス.JPG

思わず合掌。

合格祈願。

真ん中のチビが志望校に受かりますように。 

 

 

 

近鉄名古屋から湯の山温泉駅まで1時間強。

中登山道から8:30前に登山開始。

近いな。

沢山の人が登る人気の山。

シニアから小学生未満の子ども達まで。 

 

楽〜な道だと思いきや。

ロックな岩だらけ、尖ってるルート。 

手を使いながら登るアスレチックな岩山。

でも、頂上が見えているから。

気分的にはめっちゃ楽っス。

 

人が多いので渋滞しながらも。

登って来たぜ。

高度感抜群眺望最高富士見岩。

ゴザイショダケ.JPG

 

 

山頂はスキー場。

素晴らしい眺望が広がっていた。

やっほー。

でも、風がめっちゃ強く、ものすごーく寒い。

ロープウェイで上がって来た軽装の人が大勢。

ゴザイショチョウジョウ.JPG

 

 

頂上のレストランにて温かいうどん。

やっとカラダもあったまる。

腹拵えしたら、帰りは表道。

この道、急斜面をゆく最短距離のルート。

眺望なくしんどかった、帰路で正解っス。

 

下りた処は湯の山温泉。

ゆっくり湯に浸かり酒呑んで近鉄で帰る。 

なんとも贅沢な一日だったス。

 

 

楽しい山だったな。

最初だけ、とは言わずにまた来よう。

紅葉の季節サイコー、と力説。。。

でも、次はチガう季節に登ろっと。

 

 

 

 

 

 


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビックリ 巨木 [山]

 

 

 

2016年9月18日(日)

 

うーん。

今日も二日酔い、しかも雨。

行楽日和とはイカンな。

だけど。

せっかく大津まで来てるから。

眺望イイらしい蓬莱山を登るか。

 

ということで。

びわ湖バレイに停めて500円也、

二日酔い、筋肉痛の脚、雨がしとしと。

という三十九の中。

もとい。

三重苦の中、ゆっくり登りゆく四十五。

キョウモガスダゼ.jpg

 

 

誰にも会わない山中行。

降り止まない雨。

幻想的とも言えるけれども。

なんだかな、心細くなってきた。

 

うんっ。

なんか気配を感じる。

登山道をとうせんぼ。

巨木御鎮座存在感抜群。

ナニカノケハイ.jpg

 

ビッグ ツリー1.jpg

 

天狗杉という名。

杉だけに。

大きスギやろ。

ツゥー ビッグ。

大木だけにビックリした。

テングスギ.jpg

 

 

雨止まんな、もういいや。

蓬莱山は諦め、打見山で打止め。

 

そんなコトもあろうかと、

コース選びはバッチリす。

頂上はびわ湖バレイ。

帰りはゴンドラでショートカット。

登り2時間だつたのに、、、

下りはなんと5分1200円也。

ビワコバレイダゼ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月19日(月) 

 

昨夜は大津から実家に帰り痛飲。

まえーに、TVで見た処。

アレどこ?

21世紀の森とか言う。

どうやら同じ市内らしいヨ。

 

よーく聞いてみて。

よーく調べてみたら。

平成の大合併で同じ市内になつたらしい。

以前は隣隣村だつた山中。

 

蕪山の麓。 

標高1000mくらいなら。

じゃっ、登っとくか。

 

同じ市内なのに、遠スギやん。

無事着いて、蕪山に登り始めるも。

また止まぬ雨。

何度か渡河した時点で、

もういいや頂上はやめとこ。

カワヲワタル.jpg

 

カワニナッテル.jpg

 

 

 

それにしてもココにもビックリ。

株杉とかいうデカ杉だらけ。

ツゥー ビッグだぜ。

伐採された杉の株から、

ニョキニョキと新たな杉が伸びる。

寄生されているよう、凄い生命力だがね。

ビッグ ツリー ダナ.jpg

 

ビッグダゼ.jpg

 

ビッグツリー.jpg

 

 

大木巨木の存在感生命力の前に、

人間なんて小さなもんだな、と感じる。

 

そう。

ビッグ ツリー を前に、

ビックリー しちゃったな。。。

 

 

 

 

 

 


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊吹山 [山]

 

 

 

2016年9月17日(土)

 

天気は雨予報だったけれど。

雨でもなんとかなるやろ。

じゃっサクっと。

登りに行きマスか。

 

名古屋からレンタカーですぐ。

ココは日本百名山伊吹山。

民家駐車場500円也に停めさせていただき、

0830登山開始。

イブキヤマノズ.jpg

 

 

天気が悪いからかな。

登る人はあまり多くない様子。

すぐに樹林帯を抜け、廃スキー場をゆく。

イブキヤマ1.jpg

 

 

淡々と登り高度を上げていく。

見晴らし良くて気持ちヨカねえ。

イブキヤマ2.jpg

 

 

途中からガスって何も見えなくなる。

山頂に到着するも。

視界は30mくらいかな。

うーん、残念。

日本武尊の像を見て、登頂証明に写真を撮ってもらう。

ヤマトタケルノゾウ.jpg  イブキヤマサンチョウ.jpg

 

 

山頂をウロウロ。

天気が良くなる様子もないから。

しゃあない、もう下るか。

 

休まず登って2時間。

わずか10分くらいの山頂滞在。

何しに行ったんやろ。

ガスノイブキヤマ.jpg

 

下りは1時間45分。

最後はヒザが笑ってたけど、、、

いい運動になったス。

 

 

 

 

 

今日は大津で飲み会なので。

よしっ。

西へ向かうとしマス。

 

おっと、その前に。

あそこに寄っていこうや。

 

ということで。

7年ぶりに来たヨ、安土城。

しかーし。

登山の後では、、、

この階段、とってもキツかー。

アヅチジョウ1.jpg

 

 

天守台にて風に吹かれ、

信長公になった気分に浸る。

やっぱりイイ場所だな。

アヅチジョウテンシュダイ.jpg

 

 

 

山に、お城に。

脚にはあまりにもシンドかったけれど。

楽しかったな。

また登ろっ、と思つた次第。

 

 

 

 

 

 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。